活用シーンあらゆる
イベントを
オンライン化

活用シーン あらゆるイベントをオンライン化

セミナー・カンファレンス

基調講演(Keynote Session)や、分科会(Breakout Session)をはじめとした各種講演をタイムスケジュールに沿って実施することを中心としながら、協賛社を招いたパネルディスカッションや、展示コーナーなども含めた総合的なイベント。特定の企業を招待、あるいは事前登録により来場者限定で実施するケースが多い。

セミナー・カンファレンス
  • 競合精査が可能な事前登録

    管理画面から、競合企業の登録申請を確認・排除できる「競合排除」機能を有しています。
    競合チェック作業は、事務局での代行対応も可能です。

  • 様々な動画配信方法に対応

    ライブ配信、オンデマンド配信、いずれの配信方法にも対応。コンテンツに合った配信方法を選択することができます。
    LIVE配信と録画配信を組み合わせた、疑似LIVE配信も可能です。

  • 登録者に対する対応窓口(事務局)

    登録者から寄せられる問い合わせや相談についても、弊社内に事務局を設置し、窓口業務を行うことができます。
    サイトへのログインができない、動画の視聴ができないといったオンライン特有の問い合わせや、登録数の定期的な報告、イベント終了後のログレポートの作成などもサポートが可能です。

展示会

企業の主力製品・サービスを展示したり、新商品のプレゼンテーションを行うことで新規顧客を獲得するために開催されるイベント。鮮度の高い情報を一度に大量収集できるので、来場者は主に情報収集のために来場(視聴)する。大量の出展社ページを、協賛プランによって違いを設けながら効率よく掲載する必要がある。

展示会
  • 協賛社ページを簡単に量産

    協賛社の商品やサービス情報を、簡単かつスピーディーにサイトに掲載できるCMSを構築可能です。これにより、協賛社自身で掲載情報の差し替えや削除等を行うことができ、また、協賛社ごとの閲覧ログをリアルタイムで確認することもできます。主催者の工数削減・負担軽減に寄与します。

  • 問い合わせやチャット窓口の複数設置

    オンラインにおいても、出展社と参加者のコミュニケーションを生み出すチャットツールや問い合わせフォームの導入が可能です。イベントサイトから出展社へのコンタクトが可能となり、オフラインにも劣らぬコミュニケーションを創出できます。

  • 回遊性を促進するスタンプラリー

    掲載した多くのコンテンツを来場者になるべく多く閲覧してもらう方法論として、各ページ・各コンテンツを視聴することでポイントを付与するスタンプラリー機能を搭載できます。景品や特典を用意することで、サイト内回遊やリピート来場を促し、タッチポイントの最大化に繋がります。

商談会

商談を目的としたイベント故に、集客対象は既存顧客中心で、非公開情報を多く扱い、高いホスピタリティが求められる。来場者の目的も明確なため、真剣度の高い担当者や重役を招くことができるだけでなく、短期間での成約や業務提携の実現などビジネスに直結しやすい。

商談会
  • 参加者限定・招待制イベントの実施

    貴社保有のCRMツールやMAツールに存在するハウスリストをEXPOLINEにインポートすることで、クローズドな招待制の商談会を行うことができます。一般顧客は通常の事前登録制とし、重要な顧客のみ登録不要とするVIP対応も可能です。

  • 面談スケジュールの事前予約

    来場者がイベントサイトから希望日時を予約できる、面談の予約機能も搭載可能です。
    事前の予約はもちろん、空き状況次第では当日受付も対応でき、商談機会の創出を最大化できます。

  • サンプルや見積依頼のオーダー管理
    (カート機能)

    商談会には欠かせない、製品・サービスのサンプル注文や見積依頼に特化した仕様にすることも可能です。ECサイトのようなカート機能を設けることで、ユーザー/管理者どちらも使いやすいシステムを実現します。カタログ依頼などにも応用できます。

学会・学術集会

学問や研究の従事者が自身の研究成果を発表する会。研究結果のパネル展示や、併設で製薬や医療メーカーの展示ブースが設置されることが多い。参加する研究者同士の交流や、単位認定・資格更新などの役目を果たす機関でもあるため、基本的には招待制かつ事前登録制。

学会・学術集会
  • 来場者ごとに取得可能な行動ログ

    学会で重視される「参加有無」や「講演の視聴有無」といった詳細な行動ログを、参加者ごとに取得・管理できます。
    これまでのリアルイベント以上に詳細な行動ログを取得できることが、オンライン化が難しいと言われていた学会のオンラインシフト・DX促進を後押しします。

  • 企業展示ブースのバーチャル化

    講演の合間に訪れる、併設の企業展示スペースを、3DCGのバーチャル空間でサイト上に再現することができます。また、バーチャルスペース上で双方の交流を生み出しやすいアバター機能やチャットツールなど、外部機能も加えられます。

  • 同時通訳機能で国際的な学会にも対応

    同時通訳機能を用意すれば、海外から講演者を迎えることも可能に。地理的条件を考慮する必要がないオンラインならではの企画によって、世界各地から講演者や視聴者を招くことが可能となり、他社との差別化・イベントのプレミアム化を図ることができます。

リアルイベントとの
ハイブリッド

リアルイベントの開催と同時に、遠方対応やアーカイブ目的のため、オンラインとの併設をする場合も。
EXPOLINEなら、来場登録とオンラインでのイベント体験を、オペレーションに合わせて自由度高く構築することが可能です。

リアルイベントとのハイブリッド
  • マルチトラックのアジェンダに対応

    複数の部屋(トラック)で開催するアジェンダ形式にも対応しています。セッションごとに満席数を設定し、「残りわずか」や「満席」といった表示制御を自動的に行うことが可能です。

  • 会場の受付業務もデジタル化

    登録者がマイページから受講票を出力し会場へ持参、iPad端末を使って受付業務を効率的に行うことができます。セッション会場の出入り口でも受付処理を行うことで、セッション個別の参加有無を記録することも可能です。

  • 来場情報をリアルタイムで通知

    来場者人数を控室に表示したり、担当クライアントの来場を営業担当者へ通知する呼び出し機能を実装することも可能です。大切なクライアントの来場を正確に把握でき、コンタクト機会を逃しません。

リアルイベントでの利用について
詳しくはこちら

下記フォームにご入力ください。は必須項目
氏名
会社名
電話番号
メールアドレス
貴社について

ご相談・お見積もりはこちら

お急ぎの方はお電話ください。03-6820-8620