生成AI活用によるビジネスイベントにおける質問対応の向上

AI技術の進化とビジネスイベントでの重要性

 

近年、AI技術の進化によってビジネスのあらゆる側面で新たな可能性が開けてきました。特に、チャットGPTなどの生成AIは、ビジネスイベントにおける質問対応の向上に大きな影響を与えています。

ビジネスイベントは、企業や業界の専門家、顧客、パートナーなどが一堂に会する場であり、講演者のセミナーや参加者同士の情報交換やネットワーキングが行われます。

このようなイベントでは、参加者からの質問に迅速かつ適切に対応することが参加者の満足度向上成功の鍵となります。具体的には自分が探している企業やブース、参加者がどこに存在するのかを教えてほしいといった質問や明確に探しているものがない中で課題に会ったサービスを紹介してほしいといった出会いを促進するための手法としての質問です。

従来の方法では、大勢の参加者からの質問に個別に対応するのは、イベントの主催者側にとって大きな負担であり、対応漏れなどが発生するリスクもありました。しかし、AI技術の進化により、この課題を解決できる可能性が出てきました。

本記事では、AI技術の進化がビジネスイベントにおいてどのように活用されているのか、また、今後どのような展望が期待されるのかについて述べていきたいと思います。

 

生成AIの導入による質問対応の効率化と向上

 

生成AIの活用は、ビジネスイベントの運用・運営体制に大きな革命をもたらそうとしています。
従来の方法では、参加者からの質問に対応するために大勢のスタッフを確保する必要がある一方で、それでも十分な効果や効率が得られないことがありました。しかし、チャットGPTなどの生成AIを導入することによって、このような課題に対処することが可能になりました。

 

①システムによる常時対応と対応の均質化

まず、生成AIは24時間で稼働し、参加者からの質問にリアルタイムに応答することができます。スタッフ間の対応や知識の差が生じないため、複数人からの大量の質問に対しても柔軟かつ迅速な質問対応をおこなうことができます。

また、休憩時間やシフト組などといった対応スタッフの人的リソースを考慮することなく、イベント全体を通じて一貫した質問対応リソースを確保できます。当日対応する多くのスタッフに対して情報をインプットする時間や接客水準の統一化など、その時々で変わる人への教育時間やコストをよりイベントの内容の充実化へと向けることができます。

 

②多言語対応

生成AIは自然な言語処理をおこなうため。参加者自身の言語で質問することができます。英語や韓国語、中国語などその言語に対応した通訳などを用意する必要がありません。

これにより、質問と回答の間に誤解や不明瞭な点が生じるリスクが低減されるだけでなく、参加者の不安や疑問を払拭することができます。言語的なストレスの解消によって参加者は得たい情報をスムーズに情報を得ることができ、イベントの参加満足度が向上に貢献します。

 

③生成AIの教育による積み上げ

また、システムとして構築した生成AIは次のイベントでも活用することができます。スタッフの対応だと人の入れ替わりなどによって知識や接客技術の蓄積が難しいことが多いですが、生成AIはイベントを重ねるごとによりイベントに適した精度の高いものへの進化させていくことができます。

イベントのノウハウや参加者の疑問などを年々蓄積し、学習させることによって、自社のイベントに特化した質問回答ツールへと成長していきます。これによってお客様の疑問や不安に対して迅速な解決だけでなくより充実した回答を提供がおこなえるようになり、イベント参加者の充実度も年々増すことでしょう。

生成AIの導入による質問対応の効率化と向上は、参加者側にとってだけではなく主催者側にとっても多くの利点をもたらします。

対応スタッフの人件費を大幅に削減することでイベント運営全体のコスト削減が見込まれるだけでなく、生成AIを活用することで回答のスピードや柔軟性の向上し、参加者の需要に応じてカスタマイズされた情報提供が可能となります。そういった参加者自身の求める情報の提供の速さはイベントへの満足度をより高めることができます。

 

以上のように、生成AIの導入による質問対応の効率化と向上は、これからのビジネスイベントの成功に不可欠な要素となっています。

将来的には、AI技術のさらなる進化により、より高度な質問対応や参加者とのコミュニケーションが実現されることが期待されます。

次章では、実際のビジネスイベントでの生成AIの活用事例を紹介していきます。

 

 

ビジネスイベントでの生成AIの活用事例

 

ビジネスイベントでのチャットGPT生成AIの活用事例は、さまざまな業界や規模のイベントにおいて見られます。いくつかの具体的な事例を紹介します。

 

【生成AIによる会場ガイド】
カサナレ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:安田喬一)が提供する生成AIチャットシステムの『Kasanare』が2024年1月11日(木)から1月12日(金)に東京ビッグサイトで開催した「ビジネスIT & SaaS EXPO 2024 -営業マーケDX 比較・導入展-」の会場案内チャットボットが導入された。

来場者は来場登録を行い、イベントサイトへログインをすることで「生成AIによる会場ガイド」体験することができます。
イベントについてやブースの相談だけでなく、来場者のニーズを入力することでおすすめのサービスや講演情報の提案を受けることが可能です。

 

“「ビジネスIT & SaaS EXPO(BIS)2024 」の会場案内チャットボットに生成AIチャットシステム『Kasanare』が採用されました|PR TIMES.2024-01-10.https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000114769.html.(参照2024-04-09)

 

【リアルタイムな参加者の解析】
生成AIの代表的なサービス「Watson」を提供しているIBMでは、Watsonをイベントにも活用をしています。
イベント管理システムにWatsonを組み込むことで、参加者の質問やフィードバックを自動収集し、さらに参加者の行動や関心をリアルタイムで分析することができます。
この分析結果を活用することで、イベント中のアクティビティやセッションをより効果的に最適化し、参加者の満足度を飛躍的に向上させることにチャレンジしています。

IBM.https://www.ibm.com/jp-ja.(参照2024-04-09)

 

【グローバルイベントにおける生成AIによる同時通訳】
生成系 AI テクノロジーの導入によってグローバル イベントの開催がより促進される土壌も着実に広がっています。
イベントにおける参加者の母国語が日本語であっても、イタリア語であっても、もしくは手話であっても通訳やキャプション機能を活用することでリアルタイムのコミュニケーションが可能になります。
現在では、講演の同時通訳やWeb会議ツールを用いたディスカッションルームにおいての機能に限定をされますが、同時通訳デバイスの普及によってリアルなイベント会場ないでも多種多様な言語でのコミュニ画ケーションが実現する日も遠くないと思います。

「ウェビナーの要約: 生成系 AI がグローバル イベントとマルチメディア コンテンツのストリーミングに及ぼす影響」|LIONBRIDGE.2023-11-06.https://www.lionbridge.com/ja/blog/translation-localization/webinar-generative-ai-for-global-events-streaming-multimedia-content/.(参照2024-04-09)

 

【販促イベント】
商品やサービスを紹介する販促イベントでは、参加者から商品に関するさまざまな質問が寄せられます。チャットGPTを活用することで、参加者は商品の特長や価格、購入方法などに関する疑問をすぐに解決することができます。
また、生成AIは参加者の興味やニーズに応じてカスタマイズされた情報を提供し、購買意欲を高める役割も果たします。

【産業カンファレンス】
特定の産業や業界に焦点を当てたカンファレンスでは、参加者が業界の最新動向や市場のトレンドに関する情報を求めることがよくあります。チャットGPTは、参加者からの業界に関する質問に迅速に対応し、業界の専門知識や専門用語を解説します。これにより、参加者はイベントからより多くの価値を得ることができます。

 

以上のように、生成AIの活用は、イベントの種類を問わず、イベントの成功に貢献する可能性を秘めています。今後もAI技術の進化により、より多くのビジネスイベントでチャットGPT生成AIの活用が拡大していくことが期待されています。

 

将来の展望とビジネスイベント体験の向上に向けた取り組み

 

最後に、将来の展望とビジネスイベント体験の向上に向けた取り組みについて触れてみましょう。

AI技術のさらなる進化により、ビジネスイベントの体験はさらに向上することが期待されます。生成AIの精度や自然な会話の能力が向上すれば、参加者とのインタラクションがより深化し、よりパーソナライズされた情報提供が可能となります。
さらに、ビジネスイベントの主催者は、AIを活用して参加者のニーズや嗜好をより細かく把握し、イベントのプログラムやコンテンツを最適化することができるでしょう。

また、AI技術を活用したビジネスイベントでは、参加者同士のネットワーキングやコラボレーションも促進されると期待されます。生成AIが参加者同士をマッチングし、共通の関心事や業界の興味を共有する人々を結びつけることで、新たなビジネスチャンスや交流の機会が生まれるかもしれません。

さらに、ビジネスイベントの体験を向上させるためには、AI技術だけでなく、データ分析やフィードバックの活用も重要です。参加者からのフィードバックを収集し、それを分析してイベントの改善点を把握することで、次回のイベントに生かすことができます。また、収集したデータを元に、参加者の好みや興味に合わせたプログラムやコンテンツを提供することも可能です。

このように、AI技術を活用したビジネスイベントは、参加者と主催者の双方にとってより価値ある体験を提供することができます。将来は、より高度な技術やデータ分析手法を駆使して、より効果的なビジネスイベントの実現に向けて進化していくことが期待されるでしょう。

 

 まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ご紹介した実際のビジネスイベントでの活用事例の通り、生成AIの導入により、ビジネスイベントの質問対応が効率化され、参加者の体験が向上しています。
また将来的には、より高度なAI技術やデータ分析手法を組み合わせることで、さらなるイベント体験の向上が期待されます。
参加者と主催者の双方にとって価値の高いイベントを実現するために、今後は更なる技術の進化と活用が不可欠になってくるでしょう。

 

弊社では、イベントの”やりたい”がすべて叶うBtoBイベントプラットフォーム『EXPOLONE』を提供しております。
まずは資料ダウンロードからお気軽にお問い合わせください。

 


お問い合わせはこちら